model sexy on chair

理由

どうして店舗型の風俗は無くなったのか、それは密室で起こる本番行為の為です。
基本的に日本の風俗では本番行為は禁止となっています。しかし、昔は個室型の風俗店の中では客と嬢が勝手にやりとりをして本番をしている事が多かったのです。
日本で本番行為をすると、それは風俗営業では無く売春行為となって犯罪になります。
これをどうにか無くす為に店側へのペナルティを増やし、もしその店舗で本番行為が露呈した場合は「場所提供」と言う罪がかかるようになりました。
そうすると、店舗型としうて営業しているメリットよりも、デメリットのほうが大きくなった為にバタバタと潰れるようになったのです。
更に、強化に力を入れている地域ではそれらの店舗を監視する目が強くなった為に、閉店するつもりは無くても閉店に追い込まれてしまうような事も多々ありました。
ですから現在では店舗型は激減し、ライトな風俗であり本番行為の心配が無いオナクラやイメクラや手コキ専門店等が店舗型として生き残っているわけです。
本格的な風俗店は殆どが店舗を持たない形での営業に変更されており、店舗型として残っているのは高級ソープ等ばかりになっています。

ライトなオナクラやイメクラや手コキ専門店等の風俗店では、個室状態になっている所もあればホテヘルのような形式の場所もあります。
ピンサロのように簡単な仕切りしか無いような店もありますし、形はそれぞれです。
しかし、オナクラや手コキ専門店はこれまでの風俗店には無い魅力でも勝負しています。
確かに、これまでのソープやヘルスと比べれば実際に女性に触れる事が出来ない為にあまりサービス内容としてはディープではありません。
オプションを利用すれば触る事が可能になる事もあります。
このライトな風俗店のウリはその年齢層と慣れてなさにあります。

これらの軽い風俗店に来る人は風俗店で働いていると言う感覚が薄いまま来ます。
更に、初めてこれらの店舗で勤務するような素人が選ぶ事も多く、現役の大学生や専門学生が働いている事も多いのです。
街中に普通に歩いているような地味で清楚な子たちにサービスして貰える。それが非常に受けているのです。
他にも、ガッツリサービスを受ける風俗店に行く体力が無い、高い、疲れる、もっと短い時間が良いと言う要求を持ってオナクラや手コキ専門店を利用する人もいます。
イメクラは店舗内部を思い切り改装する事が出来なくなった為に、イメージをふくらませるだけの演出に力を入れ、客側の要求が出来るだけ通るように努力してくれています。

どこの風俗店もこの規制強化による制限を乗り切ってお店を盛り上げようと努力しているわけなのです。
人によっては物足りないと言う人もおりますが、そのような人は形式は変化していますがホテヘルやデリヘル等を利用すれば良いだけの話です。
最近では以外にもオナクラや手コキ専門店のようなライトな風俗店が人気となっています。
ピンサロのようながやがや感は無しで、リラックスして行為に集中したいと言う人にはうってつけの店舗達となっています。

black bra sexy model

禁止

どうして本番行為は禁止されるようになったのか、それは戦後の日本にまで遡る事になります。
風俗には意外と深い歴史があります。戦後の日本にはたくさん未亡人が溢れる事になった上に、まだまだ女性が男性のように働ける世界がありませんでした。
その為に、働く場所も家族も無く子供を抱えた女性が途方に暮れる事になりました。
しかし、戦争によってたくさんの人を亡くした日本にとって、子供は宝物です。ですから邪険にする事も出来ません。
そこで考えついた女性でも出来る仕事、特別な技術が無くても誰でも始められる仕事の1つが風俗だったのです。
当時は風俗なんて言葉はありませんし、それに関する法律もありませんでした。
ですから、赤線地帯と言われる場所では公認で売春行為、今は禁止されている本番行為を行っても良い事になっていたわけなのです。
現代から考えれば信じられない事ですが、当時は国が売春を認めていたのです。
しかし、だんだんと戦後の混乱も落ち着きだすと今度は赤線地帯を無くし、これまで行われていた売春行為を禁止しました。
そこで登場したのが現代の風俗です、当時はトルコ風呂と言われていたソープを中心にし、時代が流れるに連れて様々な風俗営業をする店舗が増加しました。

昔から風俗店と言うのはその時代や流れに合わせて変化している物だったのです。それが今ではオナクラや手コキ専門店やイメクラに変化してきただけの事です。
個人個人の趣味や活動が自由に出来る事によって、昔に比べて様々な趣向を持つ人間が増えてきました。
それによって性も多様化し、風俗店側も対応する為に様々なジャンルが増えている事も伺えます。
例えば、以前は風俗と言うと女性が男性にサービスを行うのが定番でしたが、近年では男性が女性にサービスするような物もあります。
同性愛者向けのデリヘルも存在していますし、ニューハーフ、時には人形の貸出等もあります。

couple hugging

red shirt sexy

コスプレ

ホテヘルで出来る他のオプションとしては、コスプレです。
これはかなりお手軽で燃えるプレイが出来ます。
萌えるって言うべきかな?

これに関しては今更説明不要かと思いますが、コスプレ程着るものに対するこだわりがあるものはないと思います。
今やコスプレオプションが出来ないホテヘルは少ないと思いますが、着て欲しい衣装の有無は確認が必要です。
コスプレが好きと言っても、アニメ系コスが好きな人の前に、競泳用水着着た女の子が来ても反応薄いと思います。
さらにアニメコスであれば好きなアニメの衣装とこだわりによってどんどん選択肢が狭まるので、事前に置いてる衣装の確認が必要です。

僕が普段使ってるホテヘルのオプションとしては、だいたいこんな感じです。
他にも僕が知らないオプションがあるお店もあると思います。
僕自身まだまだ勉強中です。

そうそう、こないだ行ったとこのオプションで前立腺マッサージがあったので試しました。
最初は挿すことあっても、挿されることないから抵抗あったんです。自分で頼んだんですけどね。
しかししばらくするともうギンギンなんですよ。前立腺すごい。
これからもホテヘルを渡り歩き、お気に入りの店、女の子がいれば通って学んで行きます。

undress panties on bed sexy

需要

アイドル顔負けのカワイイ女の子がいる熊本のソープはこちらです!きっと一度行けばリピーターになること間違いなしです!

東京のオナクラではオプションも充実しています。より楽しみたい方はいくつか組み合わせることをおすすめします。

日本には様々な風俗が存在しています。
昔から定番の風俗店と言われている物がソープランドですが、その次にサービス内容の良い店舗がヘルスです。
昔は最初から最後までしっかりと相手をしてくれる店舗が多かったのですが、近年ではオナクラやイメクラや手コキ専門店のようなライトな風俗店が増えています。

これまでは至れり尽くせりなサービスを提供する為の店舗が当たり前だったのに比べて、法改正や風営法の強化によってそれらが難しくなっています。
ですから、需要によってそれらの店舗を詳細に分ける事で、その分野に特化した人を集めて満足して貰う事を目指すような風俗店が増加しています。
これには、まず店舗型の風俗店が減少した事が関係しています。
これまではソープもヘルスも殆どが店舗の中に受付とプレイルームを持っているような形になっていました。
しかし、最近になって風営法が改正された事で店舗型の風俗店が運営出来なくなっています。完全に無くなったわけではありませんが、規制が厳しくなった上に監視も厳しくなり、新規出店が不可能になっています。
大規模な店舗改装は全て新規とみなされる為にそれも出来ず、現在残っている店舗は全て昔から存在しているお店を修復しつつ利用しています。
吉原遊廓の跡地に立っているような風俗店はその建物と歴史自体が価値がある為に残っていますが、他の風俗店はどんどんと撤退してしまいました。
その代わりに登場したのがデリヘルやホテヘルのような店舗を接待場所として利用しないようなお店なのです。

そして、店舗を構えて性的なサービスを行うお店はオナクラやイメクラや手コキ専門店等ばかりなりました。
これらの店舗ではガッツリ性的なサービスをするわけでは無い為に、店舗を構えていても問題がありません。
また、個室になっておらず、本番行為やそれを助長させるような状況にならない事と、飲食店と言う届け出で運営する事が出来ているピンクサロンも残っています。
同じ風俗といえども様々なタイプが存在しており、店の形式に寄って注意するべき事だったり、出来る事と出来ない事が違うようになっています。

また、名前は同じでも法律が変更したせいでこれまでのような形で営業できなくなった風俗店も存在します。
身近な物ではイメクラがまさにそうです。

オススメリンク